(韓国が日本挑発)海外の反応「韓国はうそを言いふらす国なの?」「恥ないの?」レーダー照射事件の韓国側反論動画が海外でボコボコに!(アニメでわかる)

(韓国レーダー照射事件)海外の反応「韓国はうそを言いふらす国なの?」「恥ないの?」韓国の反論動画が海外でボコボコに!(アニメでわかる)

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP-1哨戒機に火器管制レーダーを照射した事件を覚えているかな?
この事件では日本側も証拠となる資料を示したが、韓国側も反論となる動画を提示し対抗した。
ところが、その反論動画なるものがあまりにお粗末で、海外で話題をさらったということは知っているかな?
今回はその問題を取り上げながら、韓国側の反応のおかしな点を指摘していきたい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
▼チャンネル登録ありがとうございます▼
http://bit.ly/2TRO99p
☆チャンネル登録いただけると新作動画の通知を受け取れます☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      動画概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まず火器管制レーダー照射事件の概要から説明しよう。

時は2018年12月20日15時ころ、場所は日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内の大和堆(やまとたい)付近である。
当時、海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クアンゲト・デアン)」などを視認し、写真撮影を行った。

その際、突如として韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた。
照射は複数回行われたらしく、これは偶発的な出来事ではなく、意図的なものであった。

P-1哨戒機はそれを受けて、離隔という安全確保行動に移る。
離隔とは、離れ隔てることという意味である。
ここで、P-1哨戒機に照射された火器管制レーダーがいかなるものであったかを解説しよう。
韓国の駆逐艦が照射した火器管制レーダーは「STIR」と呼ばれるもので、レーダー電波を非常に細いビーム状に照射する装置である。

照射対象は対空目標であり、その目標の位置、高度、速度を正確かつリアルタイムで取得することができる。

では、これらの情報を取得してどうするのかと言うと、火器使用のために利用するのである。
火器とは、韓国海軍駆逐艦の場合、127mm砲や艦対空ミサイルなどである。

つまり、これらの火器の使用の準備段階として、火器管制レーダーを照射するのである。
そのため、日本のP-1哨戒機は極めて危険な状態にあったわけだ。

この点については、CUES(海上衝突回避規範)というルールの中で、レーダー照射は攻撃の模擬とも言えるもので、避けなければいけないこととされている。
このCUESは日本も韓国も採択しているので、当然そのルールに従う必要がある。

ところが、それを破っての行為であった。
では、なぜ韓国の駆逐艦は海上自衛隊の哨戒機にレーダー照射を行ったのであろうか?

その点について、韓国側はいろいろな主張をしているようだが、正確なところは不明である。
もちろん、日本の哨戒機を砲撃するという意思はなかったようである。

そこまでしたら、国交断絶ものであろうが、この点については韓国側のおかしな主張とお粗末な資料公開があるので、それを見てみよう。
まず韓国側の言うところでは、駆逐艦は北朝鮮の遭難船の救助活動をしていたという。

そこへ、P-1哨戒機が高度を下げて飛行し、威嚇飛行をしたとしている。
また、探索レーダーを使っていたが、もし日本側の言うように火器管制レーダーが照射されたのなら、すぐに回避行動を取るべきなのに再接近を試みたとしている。

また、日本の哨戒機がレーダー照射の理由を尋ねる無線連絡を韓国の駆逐艦に入れたことに関しては、「ノイズが大きくて聞き取れなかった」としている。
そして、救助活動をしていた韓国の駆逐艦に威嚇飛行をした日本は謝罪するべきだと日本側に反論している。

その韓国側の主張も時間を追うごとに変化した。
当初は、「P-1哨戒機を追跡するつもりはなかった」「北朝鮮の遭難船の救助のためのレーダーを勘違いしたのだろう」などとしていたが、途中から「レーダー照射はしていない」と主張を変えた。

自らの非を認めない韓国だが、理由に北朝鮮との関係でどうしても隠し通したい事実があったと指摘する者もいる

それは、事件のあった海域で

北朝鮮に何か重大なものを海上で受け渡していたのではないか?
そもそもその船は工作船だったのではないか?

国連の制裁決議の違反となるような行動をとっていた韓国が
日本の自衛隊に発見された際、焦りのあまり過剰に反応したのではという見方をされている

いずれにしろ、韓国側はその主張の証拠となる動画を公開した。
この動画については、韓国国防省の報道官が事前に自信ありげに語っていたことから、かなり内容の濃い説得力があるものが出来上がったのではという期待があちこちで膨らんだ。

うまく行けば、これで日本を打ち負かすことができると思う韓国人も多かっただろう
ところが、ふたを開けてみると、相当お粗末な内容であったのである。

動画にBGMが入っていたのも稚拙だが、その内容に至っては到底韓国側の主張を裏付けるようなものではなかった。
動画自体も勝手に日本側の動画を使用した上に、中身のないもので
BGMや画像効果で過度な演出が加えられてものだった

そして、肝心の韓国の主張であるP-1哨戒機の威嚇飛行については、どこにそのような証拠があるのか全く分からないというありさまである。
この動画を見た人は、韓国側の主張の正しさよりも、いい加減さの方が印象に強く残ったであろう。

この韓国が公開した動画はYouTubeにアップされたものなので、世界中の人が見ることができた。
それだけにさまざまな反応があり、話題になっている。

そのいくつかを紹介しよう。
「これはとんでもない映像。韓国という国はうそを言いふらす国なのだろうか?」
「動画にBGMは不要」
「合成写真で証拠動画をつくるとは。韓国には恥という概念がないのだろうか?」
「韓国は自分が間違っても謝罪しない国」
など、非常に韓国に手厳しい内容が多くなっている。

しかし、あの韓国公表の動画を見れば、だれしもそう思うだろうから、このような内容になっても致し方ないであろう。

続いて、日本国内の反応を見てみよう。
「うまくすり替えてはいるが、日本は断固反応すべきである」
「韓国はもう少しましな反論ができないのか?」
「日本は一歩も引くべきではない」
「こんな稚拙な動画が公開されることは、韓国国民もびっくりでは」
などとなっている。

日本人の反応の多くを占めるのは、韓国に妥協すべきではなく、徹底的に追及すべきというものだ。
確かに、この問題は日本に悪い点はないのだから、一歩も退かず、厳しく対応すべきである。

次に、自衛隊員がどうこの事件を見ていたのかを確認してみよう。
まず海上自衛隊幹部の声であるが、「信じられない」「BGMでごまかしているが、中身は無内容」などとなっている。

元海上自衛隊のパイロットの意見もある。
その人によると、「捜索用レーダーと火器管制レーダーでは電波の幅が違う」とのことだ。

そのため、これが攻撃直前の過程であることは分かり、相当な緊張を強いられることになるとしている。
また、この元パイロットは、「韓国側はP-1哨戒機が威嚇飛行をしていたとしているが、防衛省の公開映像を見ると、通常の情報収集活動の最中であった」との見解を示している。

「韓国も哨戒機を使うし、情報収集もするであろうから、日本のP-1哨戒機の行動パターンは知っているだろうし、これが威嚇ではないことは分かっているはずだ」とも言っておられる。

さらに、「仮に韓国駆逐艦が危険を感じたとしても、いきなり火器管制レーダー照射というのは友好国の態度とは言えない」とした。

この事件を受けての日本政府の対応であるが、日韓の防衛当局間での協議の継続は困難だとし、韓国側との協議を打ち切った。
協議を進めて打開の道を模索した方がいいのではという人もいるであろうが、韓国の無茶な主張を見ると、こうせざるを得ないであろう。

むしろ、当然の方針と言えるかもしれない。

君はこの問題をどう思う?コメント欄で教えてくれ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ワンダーストーリーとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
驚きと学びを提供する短編漫画動画チャンネルです。
わざわざ調べるほどではないけど、言われてみれば知りたいこと。気になることをどんどん提供していきます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼チャンネル登録ありがとうございます▼
http://bit.ly/2TRO99p
☆チャンネル登録いただけると新作動画の通知を受け取れます☆
—-
#韓国 #海外の反応 #ワンダーストーリー #韓国の反応 #自衛隊 #日本 #レーダー照射 #アニメ
こんなものが見たい・知りたいといったご意見やご要望等ありましたら、ツイッターかメールでお気軽にご連絡くださいね!